RSS表示パーツ

【さいたま市職員】残業代だけで783万円他79人

さいたま市の職員が、残業代として月給とほぼ同額の残業代を貰っていた事が明らかになった。
昨年度の残業代をプラスした年収は、40歳にして1574万円。
この職員ほか、同様に1000時間を越える残業代を手にした職員は79人。
中には、1925時間もの手当てを貰っている職員も。

さいたま市

さいたま市の職員課は、この件に関して、「震災の対応に追われた」「土日も働いていた」と話しているそうだ。
尚、その業務内容というものは個人情報保護の為話すことは出来ないとの事…。
業務を行った対価として、当然の金額という事なのだろうか?
どちらにしても、給与と同程度の残業代が支払われるなど、一般の企業では考えられない事だ。
税金を管理する立場であれば、その業務内容を公表してもいいのではないだろうか?
それとも、なにか言えない事情でもあるのか?

ちなみに、平成22年度の40歳代のサラリーマンの平均年収は577万円。
公務員の賃金もこれに近づけるように修正しているという話を聞くが、減った分の給与はこうして補っているのでは?とも感じてしまう。
記事元

らき☆すた ねんどろいど 泉こなた 埼玉新聞65周年記念 Ver.
泉こなた 埼玉新聞65周年記念 Ver.
posted by 上腕二等筋 at 12:14 | TrackBack(0) | 社会・芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/293777807

この記事へのトラックバック